墨汁のしみ抜き方法

墨汁のシミは家庭で落とせるシミの部類の中では最高ランクに難易度が高いシミと言っても間違いではありません。なかなか落ちません。ただ乾く前であれば流水でも簡単に落ちますので、もし服に付いてしまった場合は出来るだけ早く処置をする必要があります。

 

もしシミになってしまった場合は、長期戦を覚悟して、まずは台所用洗剤から使ってみましょう。

 

墨汁のシミの落とし方

【シミ抜きの前に】

ブランド品・デリケートな素材に関して

 

シルク・カシミア・アンゴラなどのデリケート素材ダウン・ブランド品はクリーニングに出しましょう。

これらを家庭で洗うと、シミや汚れが取れても風合いが落ちる場合があります。


用意するもの

 乾いてしまった墨汁のシミは手ごわいです。しかし中の成分に違いがあるのか?製品によっては「あれ?」と言う程簡単に落ちる場合もあるので、シミがあるからと言って諦めるのは早いです。クリーニングに出す前に自分でやってみる価値はあります。

 

時に少しゴシゴシする必要がある場合もありますので、デリケート素材の場合は、最初の段階で家庭ですることは諦めてクリーニング店に依頼したほうが賢明かもしれません。

 

特にシルクなどの場合は要注意です。この墨汁のシミは家庭でする場合、「固形石鹸」から漂白へと言った流れが良いでしょう。

 

準備するものは、固形石鹸液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダクエン酸です。

 

墨汁のシミの落とし方

最初に「固形石鹸」を泡立てシミの場所に付けます。そしてゴシゴシと歯ブラシなどで擦ってみましょう。服の素材によっては擦る事で生地を傷める場合があります。もしデリケートな素材の場合は家庭でのしみ抜きは諦めた方が良いです。

 

ゲルインクのシミは泥汚れと同じで、細かい粒子が繊維の奥に入り込んでいますので、石鹸を使い付加をかけてシミを落としていくしかありません。これで落ちていれば良いですが、落ちていない場合は漂白剤を使います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

  

墨汁のしみ抜きの難易度は?

クリーニング店を探す場合


■ブランド品を多く持つ方へ

ブランド品を多く持っている方は、普段利用するクリーニング店が個別洗いか確認しておくと良いでしょう。

(※個別洗いの場合は100%公式サイトに書いているはずです)

 

頻繁にクリーニングに出す方は、宅配クリーニング「LACURI」の定期便をチェックしてみましょう。
おそらく金額も品質も、こちらの方がお得です。

⇒「LACURI定期便」公式サイト

 

宅配なので外出せず自宅から出せ、集荷バックに枚数制限なしで詰め放題、ブランド、カシミアのコート、ダウンなどの追加料金なし、今一番人気あるお店。送料無料シミ抜き無料、全品個別洗いの高級仕上げです。

 


 

■単品でクリーニングに出すなら「リネット」が人気

宅配クリーニングと言えば、いわずと知れた人気店。金額もリーズナブルで利用しやすく、品質も文句なし。仕上がりも早く、シミ抜きは無料、もちろん送料も無料です。

⇒宅配クリーニング「リネット」公式サイト

 

■革靴やブーツのクリーニング

今まで難しいとされていた革靴の水洗いですが、数年前からクリーニング業界ではそのノウハウが広がり一般的になりつつあります。その中でも低価格で高評判なのが「くつリネット」です。

「くつリネット」公式サイト