鉛筆のしみ抜き方法

鉛筆はシミになりそうなイメージはあまりありませんが、小学生の子供の服には付いている事が多いようです。普通に洗濯しただけで落ちる場合もありますが、どうしても残ってしまうようです。

 

そんな時は固形石鹸を使って揉み洗いするのが効果的ですよ。

 

鉛筆のシミの落とし方

【シミ抜きの前に】

ブランド品・デリケートな素材に関して

 

シルク・カシミア・アンゴラなどのデリケート素材ダウン・ブランド品はクリーニングに出しましょう。

これらを家庭で洗うと、シミや汚れが取れても風合いが落ちる場合があります。

用意するもの

鉛筆のシミは細かい粒子が繊維の中に入り込んでる場合があるので、「固形石鹸」を使用するのが効果的です。歯ブラシなどでゴシゴシするとより効果的ですが、デリケートな素材の場合は台所用洗剤でやってみると良いでしょう。ただし、効果的なのは「固形石鹸」を使う事です。

 

鉛筆のシミの落とし方

最初に「固形石鹸」を泡立てシミの場所に付けます。そしてゴシゴシと歯ブラシなどで擦ってみましょう。服の素材によっては擦る事で生地を傷める場合があります。もしデリケートな素材の場合は家庭でのしみ抜きは諦めた方が良いです。

 

ゲルインクのシミは泥汚れと同じで、細かい粒子が繊維の奥に入り込んでいますので、石鹸を使い付加をかけてシミを落としていくしかありません。これで落ちていれば良いですが、落ちていない場合は漂白剤を使います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何か小皿を用意して液体酸素系漂白剤セスキ炭酸ソーダ1:1の割合で混ぜます。

 

混ぜてペースト状になったものをシミの場所に歯ブラシなどで付け、擦らないようにトントンと叩き浸透させます。

 

ドライヤーで加熱させます。

 

最後に中和をさせたいのでクエン酸を水に溶かしたものを、しみ抜き剤のついた場所にかけます。

 

よく濯いだら終了です。もし全く落ちていない場合は諦めましょう。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

薄くなっている場合は、①~⑤までの工程を何度か繰り返すことでシミが落ちる可能性があります。

  

鉛筆のシミ抜きの難易度は?

クリーニング店を探す場合


■ブランド品を多く持つ方へ

ブランド品を多く持っている方は、普段利用するクリーニング店が個別洗いか確認しておくと良いでしょう。

(※個別洗いの場合は100%公式サイトに書いているはずです)

 

頻繁にクリーニングに出す方は、宅配クリーニング「LACURI」の定期便をチェックしてみましょう。
おそらく金額も品質も、こちらの方がお得です。

⇒「LACURI定期便」公式サイト

 

宅配なので外出せず自宅から出せ、集荷バックに枚数制限なしで詰め放題、ブランド、カシミアのコート、ダウンなどの追加料金なし、今一番人気あるお店。送料無料シミ抜き無料、全品個別洗いの高級仕上げです。

 


 

■単品でクリーニングに出すなら「リネット」が人気

宅配クリーニングと言えば、いわずと知れた人気店。金額もリーズナブルで利用しやすく、品質も文句なし。仕上がりも早く、シミ抜きは無料、もちろん送料も無料です。

⇒宅配クリーニング「リネット」公式サイト

 

■革靴やブーツのクリーニング

今まで難しいとされていた革靴の水洗いですが、数年前からクリーニング業界ではそのノウハウが広がり一般的になりつつあります。その中でも低価格で高評判なのが「くつリネット」です。

「くつリネット」公式サイト

 


 


その他のしみ抜き方法