アイシャドウのしみ抜き方法

化粧を落とす時にクレンジングオイルを使用すると思います。アイシャドウが衣類に付いてシミになってしまった場合も基本的には同じ考えで行きましょう。

 

完全に落ちるかどうかはやってみないと分かりませんが、アイシャドウのシミは意外と落ちやすいです。クレンジングオイルを使用した場合は、油シミを残さないように気を付けて!

 

アイシャドウのシミの落とし方

【シミ抜きの前に】

ブランド品・デリケートな素材に関して

 

シルク・カシミア・アンゴラなどのデリケート素材ダウン・ブランド品はクリーニングに出しましょう。

これらを家庭で洗うと、シミや汚れが取れても風合いが落ちる場合があります。

 

用意するもの

アイシャドウのシミの落とし方は様々な方法があります。その一つとしては「台所用洗剤」や「クレンジングオイル」を使用すること。他には「消毒用のエタノール」を使ってみる。また「除光液」を使う、「ベンジン」を使うなど。

 

油性のシミは全般的に「台所用洗剤」で少しでも薄くなるなら、「台所用洗剤」→「クレンジングオイル」→「台所用洗剤」が早くておすすめ。もしクレンジングオイルを使うなら、油シミが残るので最後に必ず台所用洗剤を使用する事を忘れずに。

 

アイシャドウのシミの落とし方

油性のシミ抜きをする場合は、 使用するしみ抜き剤をシミの場所にしっかり塗って、その上から歯ブラシなどでトントンと叩き、1回でシミは落ちきれないのが一般的、だから①と②を繰り返す。しっかり濯ぐ。

 

ここでは、シミの奥まで しみ抜き剤(台所用洗剤、エタノール、除光液、ベンジンなど)が浸透するようにしましょう。この時に擦ってしまわないように注意すること。擦ると生地を傷めます。上から優しくトントンと押し込むように叩くのがコツ。

(ただし素材的に擦っても大丈夫な場合は、歯ブラシなどでゴシゴシする方が効果的である)

 

使用するのは歯ブラシが便利で良いけど。スプーンでも何でもOKです。歯ブラシはブラシの部分でトントンとしても良いし、付け根のプラスチック部分でやってもOKです。自分自身にとってやりやすい方法でやりましょう。

 

目的はしみ抜き剤を奥まで浸透させることにあります。その後はしっかり水で濯ぎましょう。1回~2回でシミが落ちればよいですが、なかなか一度では落ちません。同じ作業を何度も繰り返す必要があります。根気との勝負になる場合が多いです。

 

※ベンジンは密室で使わない、火気厳禁など、混ぜるな危険など、洗剤や薬品を使用する場合は、注意事項をしっかり確認してからご使用ください。

 

アイシャドウのしみ抜きの難易度は?

クリーニング店を探す場合


■ブランド品を多く持つ方へ

ブランド品を多く持っている方は、普段利用するクリーニング店が個別洗いか確認しておくと良いでしょう。

(※個別洗いの場合は100%公式サイトに書いているはずです)

 

頻繁にクリーニングに出す方は、宅配クリーニング「LACURI」の定期便をチェックしてみましょう。
おそらく金額も品質も、こちらの方がお得です。

⇒「LACURI定期便」公式サイト

 

宅配なので外出せず自宅から出せ、集荷バックに枚数制限なしで詰め放題、ブランド、カシミアのコート、ダウンなどの追加料金なし、今一番人気あるお店。送料無料シミ抜き無料、全品個別洗いの高級仕上げです。

 


 

■単品でクリーニングに出すなら「リネット」が人気

宅配クリーニングと言えば、いわずと知れた人気店。金額もリーズナブルで利用しやすく、品質も文句なし。仕上がりも早く、シミ抜きは無料、もちろん送料も無料です。

⇒宅配クリーニング「リネット」公式サイト

 

■革靴やブーツのクリーニング

今まで難しいとされていた革靴の水洗いですが、数年前からクリーニング業界ではそのノウハウが広がり一般的になりつつあります。その中でも低価格で高評判なのが「くつリネット」です。

「くつリネット」公式サイト

 


 

※よく読まれているページ







その他のしみ抜き方法